保証人や担保なしのキャッシングの限度額は50万円です

個人がキャッシングで借入できる限度額は、いくら位までなのでしょう。その人の収入などにもよりますが、通常は50万円程度です。もちろん、保証人をつけたり、不動産などの担保物件があったりする場合には、かなり多額のお金を借り入れることができますが、まったくの個人で、保証人も担保物件もなく、個人の信用情報のみで借り入れる場合は、50万円と考えてください。
この信用情報というのは、キャッシングのみならず、クレジットカードの申込審査などにも使われます。その人が、お金を借りてきちんと返済してくれたり、カードを使って支払いができるかどうかを判断するための情報で、過去に延滞や債務整理の履歴がないかをチェックされます。もし延滞が3か月以上続いていたり、債務整理をしていたりという場合には、事故情報、いわゆるブラック情報として記録され、キャッシングやクレジットカードの申込ができなくなります。この情報が消えるには、通常5年から7年かかります。

コメントは受け付けていません。